FANDOM


リオン・マグナス
リオン(全)
性別
年齢 16歳
身長 159cm
体重 48kg
武器 剣(ピエール・シャルティエ)
戦闘タイプ ソーディアン・マスター
緑川 光

ソーディアン・シャルティエのマスター。セインガルド王国の客員剣士で、オベロン社総帥ヒューゴの側近。16歳にしてセインガルド王国随一の剣の使い手であり、スタンルーティマリーの3人をたった1人で切り伏せてしまうほどの実力者。将来の七将軍の1人と目されている。

本名は"エミリオ・カトレット(ジルクリスト)"。ヒューゴとは血を分けた実の親子であり、ルーティの弟にあたる。"リオン・マグナス"は公に対して親子関係を隠すためにヒューゴが与えた偽名(「マグナス」は古語で「偉大」を意味する)。ミクトランの影響を受けていたヒューゴとは幼い頃から親子ではなく上司と部下として接し、また姉のルーティは彼が産まれる前にクレスタに捨てられ、さらに母親のクリス・カトレットはリオンを産んだ直後に亡くなったため、家族の愛情を受けずに育っている。

冷徹且つ複雑な性格で、他者に対し心を閉ざしている。しかし唯一人、どことなく母親の面影を持つメイドのマリアンにだけは心を開き、命を懸けて愛していた。それを知るヒューゴにマリアンの命を掌握されていたため、リオンはヒューゴの駒として動き続け、海底洞窟でスタン達の前に敵として現れ、真実を明かし躊躇無く攻撃するも敗北、直後濁流に飲まれ死を遂げる。だが、「デスティニー2」にて、エルレインの力で蘇り、ジューダスとしてスタンと姉ルーティの子であるカイルを助ける事になる。




PS2版編集

幾分丸くなり、冷酷な面が成りを潜め、捻くれた皮肉屋というよりは不器用な少年になった。また、ヒューゴとの親子関係は最初から明らかとなっており、リオン・マグナスの偽名も、客員剣士になった頃に自身で名乗り始めた設定になった。シナリオ上の変更もあり、マリアンが人質に取られるのが第2部冒頭となったため、第1部ではヒューゴの駒として動かされている自覚が無い。
船酔いしやすい設定が追加、描写多数あり(PS版では飛行竜に一度酔ったのみ)。
また、背が低いことを気にする描写が追加され、それに関するサブイベントやチェルシーとのフェイスチャットがある。
スタンの項で触れた通り、シナリオ上ではスタンとの友情が重視されており、PS版と比べツンデレ的な面が多い。また、死に際もスタンとの友情が強調されたものとなっている。装備武器がシャルティエと逆手持ちの短剣の二刀流になっており、本作以降の作品に登場する際はこの戦闘スタイルをとることが多い。
DC版ではリオンの視点で本編を進める「リオンサイド」があり、本作の第2主人公になっている。PS版、通常のPS2版では描かれなかったリオンの心情が強く描かれている。
固有装具は上記のとおり短剣。サポートタレントは戦闘に参加しているキャラクターの攻撃力を上昇させる「戦闘指揮」。

備考編集

発売から16年が経過した2014年現在でも、ユーザーからの人気が非常に高い。複数回行われているテイルズ歴代キャラクターの人気投票では、1位2回、2位4回。2013年では一位三連覇を果たしたユーリと共に殿堂入りを果たした。
ドラマCDではセインガルド王国の七将軍直属である近衛団長を務めている。
啄木鳥しんき版ではシャルティエの説得により生きる道を選び、崩壊する海底洞窟に残っていた飛行竜を用いて脱出(スタンたちは海竜によって洞窟から脱出した)。スタンたちとは別にダイクロフトへ上がり、ベルセリオスに乗っ取られたマリアンを解放させ、スタン達を窮地から救うこととなる。その後はマリアンに仲間達への手紙を託し、償いの旅に出た。オリジナルのPS版に比べて丸い性格となり、年相応の子供らしい面が強調された。外伝エピソードでは、幼少時にクレスタ付近でルーティと一度会っていた。初めて自分と同じ目線で向かい合おうとしたマリアンに対する愛情と(作者の外伝エピソードによる)、旅を通じて芽生えてきたスタンたちへの友情、父ヒューゴに対する複雑な想いが入り乱れて描かれていた。
カスカベアキラ版では主人公。原作『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット』のようにスタンたちとの旅の中で彼の成長を絵描くストーリーとなっている。また作中で幼少時代に本来左ききであるのを王国の剣術の基本の右手に矯正するようヒューゴに言われていたが、指導していたフィンレイの配慮で左手でタガーを使い剣術のカンを保つよう配慮され、それが2刀流の元となった。
テイルズ オブ バーサス』にも登場。騎士国家フレスヴェルグの2大騎士団長の一人であり、『テイルズ オブ デスティニー2』のカイルと共にユグドラシルバトルに出場する。失踪した同僚・スタンについて、カイルも知らない何かを知っているらしい。今作ではスタンとは原作以上に良き友人同士として描かれており、称号の中には「ツンツンツンデレ」なるものがある。
イラストや漫画などでは素手だが『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』や『テイルズ オブ バーサス』など、作品によって戦闘画面では白い手袋をしているデザインがある。