FANDOM


フィリア・フィリス
フィリア(全)
性別
年齢 19歳
身長 162cm
体重 45kg
武器 剣(ラヴィル・クレメンテ)
戦闘タイプ ソーディアン・マスター
井上 喜久子

ソーディアン・クレメンテのマスター。ストレイライズ神殿で古代文明を研究しているアタモニ神団の司祭。慈愛にあふれ芯がしっかりしているが、自分が犯した過ちに対しては後悔し責め続けてしまう面がある。アタモニ神への信仰心が強く潔癖症。神殿暮らしが長かったため世間知らずで天然ボケなところもある。神の眼を強奪しようと動いたグレバムを阻もうとしたが止められず、石像に変えられて動かなくなる。そのまま石像として神殿に放置されているところをスタン達に発見され、パナシーアボトルを与えられて生身の人間に戻る。石化していた間は意識がなかったが、身体が完全に石に変わる瞬間までの記憶はある。全身が硬直していた為か、石化が解けてからも肩こりや腰痛に悩まされていた。人間に戻った後はスタン達と行動を共にし、カルバレイスへの道中でクレメンテと出会う。密かにスタンに恋をしており、積極的になれない自分を切なく思っている。ルーティに対しては、スタンと何憚ることなく言い合える仲であることを認め、羨ましがりながらも、私も負けたくない、と複雑な感情を抱いている。書物の読み過ぎなどで視力が低く、この世界では珍しい眼鏡愛用者。 武僧では無いため剣術や体術は不得手だが、クレメンテのマスターとなったことで晶術の才を発揮し、多彩な攻撃晶術を扱えるようになる。また、化学にも長けているようで、自分で調合した爆発する液体の詰まったビンを投げて戦う。なお、クレメンテのマスターになるまではメイスなどで応戦していた。




PS2版編集

不衛生な場所に居続けると狂気的になったり(ゴミ山である「トラッシュマウンテン」での戦闘では、ストレスのせいでブラストゲージが上昇し続け、その際のカットインも普段のものとは異なる。)、髑髏マークの怪しげな薬品を持って不気味に笑うシーンが追加されるなど調合・爆発物マニアの度合いが増したり、クイズマニアになったりと、コミカルな方向でPS版よりもキャラが濃くなった。視力の低さは並大抵ではなく、裸眼ではルーティとリオンは勿論のこと、スタンとマリーの区別はおろか、明らかに体型の違うコングマンジョニーすら見分けられない。 PS版ではクレメンテ入手前は杖を武器に戦うが、PS2版ではクレメンテ入手前は戦闘に参加せず、NPC扱い。 DC版にて、料理に薬品を入れる傾向があることが判明。 固有装具はネックレス。サポートタレントは素材から回復アイテムを生成する「調合」。

備考編集

啄木鳥しんき版では、クレメンテとはフィッツガルドからセインガルドへ戻る最中に出会う。また初登場時はまだ18歳であり、作中で19歳の誕生日を迎え、スタンの呼びかけでパーティーが開かれ皆から祝福された。 『テイルズ オブ ジ アビス』の闘技場に『テイルズ オブ エターニア』のリッドらと現れ、また彼女をモデルにした人形が登場する(闘技場戦で勝つと落とす)。 『テイルズ オブ バーサス』にも登場。次の世界樹の神子を目指しており、コングマンと共にユグドラシルバトルに参戦する。『テイルズ オブ ファンタジア』のミントに教えを受けていた。 カスカベアキラ版では石にされたが直に元に戻され、その後グレバムの神の目強奪の一件をセインガルドに報告に来た。