FANDOM


テイルズ オブ ファンタジア
Logo tales l
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 スーパーファミコン

PlayStation
ゲームボーイアドバンス
PlayStation Portable
携帯電話
iOS

開発元 SFC:ウルフチーム・ナムコ

(現・バンダイナムコゲームス
PS:日本テレネット・ナムコ
GBA・PSP(フルボイスエディション):ナムコ・テイルズスタジオ
PSP(クロスエディション):クライマックス

発売元 SFC・PS・GBA:ナムコ

PSP:バンダイナムコゲームス

キャラクターデザイン 藤島康介
人数 SFC・GBA・PSP:1人

PS:1人 / 1 - 4人(戦闘時)

メディア SFC:48Mbitロムカートリッジ

PS:CD-ROM 1枚
GBA:ロムカートリッジ
PSP:UMD 1枚

発売日 SFC:

1995年12月15日
PS:
1998年12月23日
2000年9月28日(廉価版)
GBA:
2003年8月1日
PSP:
2006年9月7日
2007年8月9日(廉価版)
2013年11月28日(ダウンロード版)
携帯電話:
2010年3月17日
iOS:
2013年9月24日[6]

対象年齢 CERO: 全年齢

概要編集

後に多数のシリーズ作品が発表される『テイルズ オブ』シリーズの1作目。主人公クレス・アルベインとその仲間たちが、復活した魔王ダオスを倒すための方法を探すため、時を越えて様々な時代を旅するRPG

世界観に北欧神話のキーワードが盛り込まれ、SF要素も加味されている。作中には前述した北欧神話由来の単語のほか、小説「エターナル・チャンピオン」を想起させる設定、「ネクロノミコン」という名称の武器など、欧米系ファンタジーのファンを喜ばせるギミックが散りばめられている。
SFC用作品でありながら、オープニングに歌を起用、声優による音声収録といったアニメのような作風であることが話題になった。
キャラクターデザインは藤島康介

戦闘システムは、当時人気を博していた格闘ゲームに影響されたと思われる「リニアモーションバトルシステム (LMBS)」というアクションゲームのようなものとなっている。

SFC版の発売後も様々な機種で移植作品が発売されている。
1998年に発売されたPlayStation版では「フェイスチャット」という、1997年に発売された次回作『テイルズ オブ デスティニー』で登場した、キャラクター同士が雑談をする「アクティブパーティウィンドウ」を改良したシステムが取り入れられており、以降のシリーズ作品で定番要素として採用されている。2004年から2006年にかけてはOVA化、2008年から2009年にかけては漫画化された。