FANDOM


戦闘システム
「エンハンスト・リニアモーションバトルシステム (E-LMBS)」
詳細はテイルズ オブ シリーズ#各種システム参照。
ソーディアンと晶術
特定のキャラクターは、「ソーディアン」を装備できる。ソーディアンはプレイヤーキャラクターと同様に経験値をためてレベルアップするという特性を持つ。ソーディアンはレベルアップ時に「晶術」を修得することがあり、ソーディアンを装備しているキャラクターは自身が修得した技の他に、そのソーディアンが習得した晶術を使用できる。
ディスク
ソーディアンの性能を拡張するアイテム。装着したソーディアンの攻撃力を向上させ、あるいは特定の晶術が使える様にする。PS2版では廃止された(#ソーディアンの変更点・追加要素を参照)。
ガルドとレンズ
本作では戦闘に勝利すると、通貨である「ガルド」の他に「レンズ」を入手できる。このレンズは町や村にあるオベロン社の換金所で換金でき、レンズの換金レートは場所により異なる。
フードサック
前作『テイルズ オブ ファンタジア』に続いて採用されたシステム。りんごやみかんなど、食べ物系のアイテムで中身を補充しておけば、1歩歩くごとにHPが1回復する。食べ物の種類は格段に増え、フードサックの数値だけでなく特殊効果が付加されているものもある。複数の食材を組み合わせて作る数値の高い食べ物系アイテムの数も前作の1種から4種となっている。
PS2版では「フードストラップ」という新たなシステムが追加され、PS版のフードサックと他の『テイルズ オブ』シリーズにおける料理システムとの中間のようなシステムとなった(#その他の変更点・追加要素参照)。
APW(アクティブパーティウィンドウ)
APWはフィールド画面で左下に表示されるウィンドウ。このウィンドウにはパーティメンバーの内、戦闘メンバーに選ばれている4名が表示され、フィールド上を移動するとウィンドウの背景も移動する。また、フィールド画面で何の操作もせずに一定時間経過すると、ウィンドウ内のキャラクター達が会話を始める。後のシリーズ作品のスキットの原型となったシステム。
マルチプレイ
装飾品「チャネリング」を装備したキャラクターを2P以降のコントローラーに対応した隊列に並べた状態(2Pなら2番目)で戦闘中でセレクトボタンを押すとマルチプレイが可能になる。好評だったこのシステムは後のシリーズでも受け継がれ『テイルズ オブ エターニア』以降ではチャネリング必要なしでマルチプレイが可能になっている。