FANDOM


『テイルズ オブ ハーツ』(TALES OF HEARTS、略称:TOH / ハーツ)は、2008年12月18日にバンダイナムコゲームスから発売されたニンテンドーDS用RPG。『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル(本編作品)第11作目。2013年3月7日にはリメイク作品『テイルズ オブ ハーツ R』がPlayStation Vitaで発売され、同年10月9日にはiOSでも配信開始された。公称ジャンル名は「心と出会うRPG」(DS版)/「新たな心と出会うRPG」(PS Vita版)。 本作品では「心」を主軸に描いており、ストーリーはヒロインのコハクの砕け散ってしまったスピリア(本作における心の名称)を取り戻す前半と、世界を救うべく奔走する後半の二部構成となっている。また、作中にはマザーシップタイトル第2作『テイルズ オブ デスティニー』へのオマージュがあちこちに散りばめられているとされる。 DS版はシリーズ初の試みとして、劇中でProduction I.Gによるアニメーションムービーが流れるアニメムービーエディションと、白組によるCGムービーが流れるCGムービーエディションが同日発売された(ムービー以外のゲーム内容は同一)。戦闘システムは評価の高かったPS2版『テイルズ オブ デスティニー』のものを踏襲している。PS Vita版はパーティーキャラクターの追加やシステムの刷新などが行われ、ムービーはDS版のアニメムービーエディションのものが採用されている。

ハーツのキャラクター

もっと見る

ハーツの用語・キーワード

もっと見る