FANDOM


『テイルズ オブ デスティニー』(Tales of Destiny、略称:デスティニー / TOD)は、ナムコ(バンダイナムコゲームス)から発売されたRPG。『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル(本編作品)第2作目。タイトルの由来は中山美穂の曲「True Romance」から。 1997年12月23日にPlayStation(以下PS)版が発売。ジャンル名は「運命のRPG」。キャッチコピーは「運命を解き放て」。1998年11月26日にはPS the Bestとして廉価版が発売された。直接の続編に『テイルズ オブ デスティニー2』がある。 2006年11月30日にPlayStation 2(以下PS2)でセルフカバー(リメイク)[7]版が発売された。ジャンル名は「運命という名のRPG」。さらに2008年1月31日には『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット』としてディレクターズカット版(以下、DC版)が発売。ジャンル名は「もうひとつの運命という名のRPG」。

デスティニーコンテンツ


デスティニーのキャラクター

もっと見る

デスティニーの用語・キーワード

もっと見る