FANDOM


『テイルズ オブ ザ テンペスト』(TALES OF THE TEMPEST、略称:TOT / テンペスト)は、ディンプスが開発し日本で2006年10月26日にバンダイナムコゲームスから発売されたニンテンドーDS用RPG(公称ジャンル名は「魂を呼び覚ますRPG」)。『テイルズ オブ』シリーズのエスコートタイトル(外伝作品)で、シリーズ初のニンテンドーDS用作品。 半人半獣の姿に変身する能力を持つ種族「レイモーンの民」が異端者として扱われている大陸を舞台に、少年カイウスが連れ去られたレイモーンの民である義父を助け出す旅に出、やがてレイモーンの民が異端者扱いを受けるようになった原因へと迫っていくというストーリーが描かれる。 開発にあたり、「コンパクト化した『テイルズ』はどうなるのか」というアプローチがされている。キャラクターデザインはいのまたむつみ奥村大悟が担当。戦闘システムは2004年に発売されたマザーシップタイトル(本編作品)第6作『テイルズ オブ リバース』同様の3ライン制。メニュー画面の操作や料理システムなど、タッチペンを使ったニンテンドーDSならではの操作を取り入れている。シナリオは10時間強ほどで終わる短いもので、複雑に考えさせないストレートな英雄譚となっている。 2007年には小説版およびサウンドトラックが発売されている。小説版はキャラクターの内面を掘り下げた内容であり、サウンドトラックは本作品のBGMと、ゲーム本編のその後を描いたボイスドラマを収録している。

テンペストのキャラクター

もっと見る

テンペストの用語・キーワード

もっと見る