FANDOM


チェルシー・トーン
チェルシー(全)
性別 女性
年齢 14歳
身長 151cm
体重 39kg
武器
渡辺 菜生子

ウッドロウの弓の師であるアルバの元で暮らしている少女。口が達者で礼儀正しいが、子供扱いされることを嫌うためにことわざや四字熟語などを必要以上に使って大人ぶることがある。方向音痴で、アルバの家の周りの雪山でも簡単に迷ってしまう。得意な武器は弓矢(小弓)で3歳から修行している。祖父が弓の達人なだけに腕はかなり立ち、技の多彩さではウッドロウを軽く凌ぐ。ウッドロウに恋心を抱いており、ファンダリア王妃になるのが夢らしい。 元々はジェノスの名家に生まれた令嬢だが、幼少期にジェノスで流行した疫病(黒死病)により両親は死去し、以後祖父であるアルバの元で生活をしている。実母の死を隠していたために彼を嫌っていたが、真実を告げられた後は大切に思うようになる。








PS2版編集

幼い頃、流行り病というものを理解出来ず両親が死んだのは「自分が子供だったせい」だと思い込んでいた時期があり、それが必要以上に大人びた振る舞いをする遠因となっている。これに伴い、アルバが両親の死因を隠していたことや、幼少期にアルバを嫌っていたということも無くなった。また、当初は幼い自分から祖父アルバを奪う人間としてウッドロウを嫌っていたという設定が追加。これはアルバが幼い自分に構ってくれずにウッドロウの指導にかまけていたためである。 ウッドロウの師匠の孫娘であるため、ハイデルベルグ城にいる大臣ダーゼンからも一目置かれた存在のようだが、城中にいる女性(玉の輿を狙う女性達で、劇中ではキャットガールのコスプレをしている女性のみ登場)の中には妬みからチェルシーを快く思わない者もいる。 チェルシーは、32歳となる18年後(『テイルズ オブ デスティニー2』)でも本作と全く同じ格好をしており、PS2版にはその理由らしきサブイベントが用意されている。 固有装具はリボン。サポートタレントは種からアイテムを生成する「種育て」。