FANDOM


ダオス
ダオス(全)
性別
武器
塩沢兼人(ドラマCD、SFC、PS、GBA、モバイル)

森川智之 (OVA、PSP)

かつて封印された魔王で本作のラストボス。その正体は異星デリス・カーラーンよりやってきた異星人で、滅び行く母星を救うため大樹ユグドラシルが生み出すマナの結晶体“大いなる実り”を求めてこの星に来た。

しかし降り立った星のマナは魔科学によって徐々に枯渇しており、大樹ユグドラシルも枯死の危機に陥っていた。そのためマナを浪費する魔科学に関係する勢力や人間に対して戦争を仕掛ける。このことから人間たちより魔王として恐れられており、その目的は世界征服だと思われていた。 戦争をという道を選んでしまった経緯は公式小説『語られざる歴史』で語られており、自らミッドガルズ入りをして話し合いや、魔科学の危険性を説く、特異な能力を持つ自分を被験体とするなどしたが、人間が魔科学を捨てなかった為である(もっとも一番の原因は愛し、愛されたウィノナを傷つけられた事である)。

ある事情から現代に時間転移した際、待ち受けていたトリニクス達によって封印されるも、10年の後に操ったマルスを利用して復活を遂げる(その際にもクレスの家族を始め多数の犠牲を出した)。目的のためなら手段を選ばず、他者を操ることも厭わないが、その一方で無関係の人間をなるべく巻き込まないようにしようとするという配慮もしていた。

時間転移能力を持ち、過去から未来へ飛び回ってクレス達を翻弄したが、未来での最終決戦において敗れ去る。その真意を知ったマーテルによって、彼の亡骸は“大いなる実り”とともに母星へと送られた。過去に移動することも可能だが、本編では未来にしか時間移動を行なわない。その理由も公式小説『語られざる歴史』にて語られている。

徒手空拳での戦いを得意としているほか、ビームを放つ「ダオスレーザー」を使用する。また、一瞬で三つの魔法を放つ「テトラスペル」など、魔法の技にも長けている。真の姿であるフェザーダオスになると、赤黒い皮膚を持った巨大な怪物となる。拡散するレーザーや触手で攻撃するほか、「ヒドゥン」という技でパーティの攻撃全てを一時的に無効化する(ただし、ダオス自身も何も行動できなくなる)。

PS版以降では、フェザーダオスを倒した後に更なる変身を見せる。デリス・カーラーンから力を授かり、ダオスの人間時の姿をベースに、純白のタイツと翼に身を包んだ形態となる。この形態は常に浮遊しており、徒手空拳での連続攻撃や翼から放つ光線を主体に戦う。

テイルズ オブ エターニア』にはダオスに酷似した“時”の大晶霊「ゼクンドゥス」が登場。サブイベントで戦うことが出来るが、戦闘ではダオスのボイスが流用されており、ある条件の下でインディグネイションを使うことにより、本作の冒頭のワンシーンが再現される(ガイドブックなどでは「裏インディグネイション」と表記)。